よこはまワイドウエブロゴ画像
軽ユーザー車検トップ>>軽自動車ユーザー車検手順

軽自動車ユーザー車検体験記@軽自動車検査協会神奈川事務所

軽自動車ユーザー車検手順

  1. 該当事務所・支所へ予約の電話を入れる。
  2. 予約日時に該当軽自動車を事務所・支所に持ち込み、検査を受ける。

 大まかな手順はこんだけです。 3を入れるとしたら、
 「検査不合格箇所があった場合、修理して再検査を受ける」。
 これは事前に予備検査を近所の自動車修理工場等で受ければその際にわかることなので、必ずしも全員の流れには入りませんが、予備検査を受けずにぶっつけ本番でユーザー車検を受ける場合はこの可能性が結構あります。
 自分は今回もそうですが、過去も予備検査を受けずにぶっつけで受検し、2回「下回り:ドライブシャフトブーツに亀裂あり」、1回「マフラーの穴:排気ガス漏れ」で修理指摘をされました。すぐに検査事務所手近の自動車修理工場を探し、その場で修理をしてもらい、改めて検査事務所に戻り、その箇所だけ再検査、無事検査合格となった経験があります。
 要修理箇所があった場合はその箇所だけの再検査で済みます。その日のうちに修理をして持ち込めば、手数料等の二重払いをしなくて済みます。翌日以降に再検査を受けた場合、手数料をもう一度払う必要があるようです。