よこはまワイドウエブロゴ画像
軽ユーザー車検トップ>>軽自動車ユーザー車検事前準備書類等

軽自動車ユーザー車検体験記@軽自動車検査協会神奈川事務所

軽自動車ユーザー車検事前準備書類等

 継続検査には事前に以下の書類が必要です。

  1. 自動車検査証(車検証):車に積んであるはずです。
  2. 軽自動車納税証明書:毎年5月に役所から郵送されてくる納付書で納税した際、判こを押してもらったもの。これがないと、車検を受けられません。
  3. 自動車損害賠償責任保険証明書又は自動車損害賠償責任共済証明書:次の車検が切れる日(継続検査なら2年後でしょう)まで期限があるもの。例えば2009年6月に2年車検を受けるとして、自賠責保険の有効期限が2009年10月で切れる、こういうものはだめ。2009年10月以降の自賠責保険に加入し、2枚の保険証明書を持参する必要があります。これに加入していないと、車検を受けられません。最寄りの自賠責保険取扱代理店等で手続をしましょう。自分は近所の代理店(自動車ディーラー。他メーカー)さんで契約しました。
     ちなみにいつの間にか自賠責が安くなっていました。過去より6000円くらい安くなっていて、18980円で2年の自賠責に加入できました。
      三井住友海上自賠責保険保険料ページです。ご参考までに。
  4. 現金:検査当日に必要な自動車重量税(8800円)と検査手数料(1400円)とその他用紙代(35円)の約10000円を日本円で持参。

 5として入れるべきか、「定期点検記録簿」。表向きは必要となっていますが、自分は今回も含め、3回とも未提出で特に何事もなく検査を終えました。ただ、今回は書類確認手続の際、係の人に何度も「定期点検は未完了?」と聞かれ、最終チェックの際に「定期点検をしていないなら、ここに走行距離を記入して」と書類の1つに走行距離を記入するよう、指示されました。走行距離はほかの書類にも書いたので、2回同じことを書く手間が発生したことになります。もし定期点検を実施している人は持参したほうがベターでしょう。でも、なくても大丈夫なはずです。 ちなみに「走行距離」記入は以前のユーザー車検時にはなかった気がします。でも今回はあったので、事前確認事項として、書類申請の前に走行距離メーターをチェックしてから当日の書類検査に臨みましょう。

 当日に持参すべき書類は上記のみです。それ以外は検査事務所に備えてあるので、当日に入手できます。
 (ちなみに必要全書類は以下のリンク先で確認できます。)   http://www.keikenkyo.or.jp/check/procedure_cont.html

 所有者本人が受検する場合は判こも不要です。筆記用具も事務所に備えてあるので持参不要です。ただ、自分が今回行った神奈川事務所は書けないボールペン率が高かったので、まあボールペンくらいは持っていってもいいかもしれません。鉛筆記入の書類もあるので、鉛筆(消しゴム)も念のために持参したほうがよいかもしれませんが、くどいようだが事務所に形として常備してはあります。